広告

甘酒が苦手な人でも大丈夫! 人気の甘酒を美味しく食す技を伝授!

こんにちは、甘酒アドバイザーのサニです。

今ちまたで大人気の甘酒。

注目すべきはその栄養価!

美容に良い、便秘に良い、高血圧に良い、と良い良いづくしで口コミサイトでも今甘酒は大変HOTです。

ですがこの甘酒、こんなに身体に良い事だらけなのに、実は苦手という方も少なくないのです。

かくいうサニも、その昔甘酒は苦手でした。

でもそれは、本当の甘酒の美味しさを知らなかったからなんですね。

それでも苦手という方もいらっしゃるでしょう。でも、これだけ身体に良い甘酒なのだからぜひとも飲んで欲しい。

そんな想いで、サニが実践してきた方法をここに伝授。名付けて、甘酒大好きプロジェクトです!

甘酒には2種類タイプがあることを心得よ。

甘酒には、大きく分けて2つのタイプがあります。

①酒粕タイプ

②米麹タイプ

これは原料の違いで、甘酒を酒粕から作るか、米麹で作るかの違いですね。

甘酒が苦手と言う方の多くは、その酒臭さが苦手だったりします。

おそらくそれは、酒粕タイプの甘酒しか飲んだことがないからですね。

サニも、子どもの頃は、祭りなどでくばられている酒臭い甘酒が苦手でした。

なので、甘酒と聞いて良いイメージはありませんでした。

しかし、最近はくせのない甘酒もとても増えています。

サニがオススメしたいのは、米麹タイプで、しかも裏ごしされているもの。

甘酒好きさんには、甘酒特有のつぶつぶ感が大好き! という方も多いのですが、甘酒が苦手な方だとあのつぶつぶが苦手なんですね。

ですので、裏ごしされて舌触りが滑らかなタイプのものがオススメです。


☆送料無料【朝麹(あさこうじ)200g×30本】吉乃川 甘酒 麹 あまざけ 朝食 砂糖不使用 ノンアルコール 新潟 新潟米 老舗 酒蔵 産直 要冷蔵 ストレートタイプ


八海山 麹だけでつくったあまさけ 825gペット容器入(送料別)甘酒 あまざけ あま酒 砂糖不使用 八海山 でんぷん 米麹 ギフト 発酵 栄養食品

甘酒は飲むな! 食べるものだ!

米麹の甘酒は、癖がなく飲みやすいものばかりです。

それでも、甘酒独特の甘ったるさが苦手という方もいますよね。

そういう方にオススメなのは、甘酒を調味料として使うこと!

フルーツ甘酒とか、豆乳を混ぜて飲むとか、検索すると色んな方法が出ていますが、どれも甘酒をダイレクトに飲むものばかり。

そうではなく、砂糖の代わりとして甘酒を使用すれば良いのです。

酒粕だとやはり独特の風味が残ってしまいますので、この場合も、米麹タイプの甘酒がオススメ。また、米麹タイプの甘酒には、砂糖が添加されていないものも多くあります。

麹だけで甘みを出しているので、砂糖を使うよりとても体にいいんですね。

甘酒おすすめレシピ集

レシピ集、と書きましたが、レシピは書きません(笑)

レシピ集はクックパッドさんには敵いませんので!

ですので、今からご紹介するお料理で使う砂糖をまるごと甘酒に置き換えるか、半分だけ甘酒に置き換えて使用するようにしてみてくださいね。

まず、お子様におすすめなのが、

・ホットケーキ

・ドーナツ

・蒸しパン

・クッキー

・プリン

などですね。

お菓子系がやはり使いやすいですよ。

また、さらっとしたタイプの甘酒なら、牛乳代わりに使うこともできますので、アレルギーのある方には嬉しいですね。

大人の方なら、

・肉じゃが

・カレー

・パン

・きんぴらごぼう

など。やっぱり煮物などの和食に合わせるのが簡単です。

基本的に砂糖の代わりと考えてもらえればよいのですが、一つだけ注意が必要。

それは、

加熱しすぎないこと!

甘酒に含まれる酵素はとても熱に弱いので、加熱すると期待される効果が落ちてしまいます。

ですので、甘酒を料理に使う際は、

「最後にサッと混ぜる」

というような使い方をオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、甘酒は何も飲まなきゃいけないというものではありません。

食べちゃえばいいのです。

この方法なら、甘酒嫌いのあなたにも実践できそうではないでしょうか?

毎日効率よく摂取して、健康な体を手に入れたいですね。


牛乳甘酒 ミルク甘酒 「百白糀」 150ml×12本セット(牛乳と米麹だけでつくった甘酒)

広告