広告

美味しいのは純米? 吟醸? その違いってなに?

日本酒を楽しむ皆さんなら、純米酒や吟醸酒といった、日本酒にも様々な種類があることはご存知かと思います。

しかし、その違いをハッキリと言える方は少ないはず。

今回は、そんな今更聞けない! と言うような、日本酒の基本的な分類のお話です。

日本酒のタイプはなにがある?

では日本酒にはどんなタイプのものがあるのか。

基本的には、

普通酒

○純米酒

○吟醸酒

○本醸造酒

と4つに分かれます。

この中でも、普通酒以外のものを「特定名称酒」と呼び、いわゆるワンランク上のお酒というイメージです。

それではこの特定名称酒を細かく見ていきましょう。

特定名称酒は8種類

特定名称酒は、定められた基準を満たすことで表示ができます。

それぞれには特徴があり、これを知ると日本酒の楽しみ方も広がりますよ。

さて、そんな特定名称酒は全部で8種類あります。

1、純米大吟醸酒

2、純米吟醸酒

3、特別純米酒

4、純米酒

5、大吟醸酒

6、吟醸酒

7、特別本醸造酒

8、本醸造酒

純米酒とは?

では、それぞれどんな特徴があるのか。

覚え方は簡単です。

原料に、アルコール添加されていないものが純米酒。

アルコール添加されているものが本醸造酒です。

添加されていない純粋な酒、ということで純米酒は覚えやすいのではないでしょうか?

吟醸酒とは?

では吟醸酒とはなにか?

これは米をたくさん磨いて作った酒のことです。

吟醸酒より、更に米を沢山磨いたものが大吟醸です。

これも、わかりやすいですね。

大吟醸のほうが値段も高いのは、同じ米でも使える部分が少ないから。希少部位を使っているから高くなるというのも、イメージしやすいかと思います。

ではなぜ米を磨くのが。

それはもちろん、磨いたほうが美味しいからです。

詳しいことはまた今度ご説明しますが、一般的に原料のお米は、たくさん磨いたほうが、軽快かつクリアな味わいになることが知られています。

特別酒てなに?

さて、次に特別酒の説明です。

純米酒と本醸造酒。

吟醸酒と大吟醸。

それぞれの違いはわかりましたよね。

でも、たまに

特別純米酒

とか

特別本醸造酒

なんてのを見かけませんか??

この特別ってなに???

日本酒をよく知らない頃の私はそんな風に思ったものです。

でも、これはもうその名のとおり、純米酒や本醸造酒のなかでも、特別なものなんです 笑

もう少し詳しく説明しますと、なにか、そのお酒の造りにおいて、特筆すべきようなことがあることが条件で、ラベルに説明が必要になっています。

もしくは、精米歩合が60パーセント以下のもの。

精米歩合とは米の磨き具合のことで、吟醸酒で60パーセント以下、大吟醸酒で50パーセント以下と定められています。

ですので、特別酒は吟醸酒並みに贅沢な造りをしているものといえ、ちょっとお高めになるんですね。

どっちが美味しいの?

どっちも美味しいです 笑

それじゃ答えになってないので、それぞれのタイプの特徴をご紹介したいと思います。

純米酒タイプ

日本酒本来の味。米の旨味が感じられて、濃醇、まろやか。

米の香りが立ち、コクがある。

本醸造酒タイプ

スッキリ、シャープ、味わいさわやか。

辛口になりがちで、食事によく合う。香り高く、バランス抜群。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はかいつまんだ説明になりましたが、大まかなところはお分かりいただけたかと思います。

なにを飲むかは好みや、そのときの状況で、自由に決めて良いものです。

本醸造酒より純米酒がランクが上ということもありません。

その時に美味しいお酒を飲めば良いのです。

だそこに、今回のような知識があればまた更に日本酒を楽しむことが出来ると思いますので、

是非ご自分で食事と酒タイプのマッチングをしてみてくださいね🎵

広告

study日本酒

Posted by sani